t_11

ハイヤ節

牛深が発祥で祝いの席はもちろんのこと、まんなわし(縁起直し)でもハイヤがよく踊られる。曲調は、奄美大島の六調「天草」とよく似ている。昔から風と汐に乗って南方に行けることを知っていた牛深地方の人々は、海の幸を求めて荒波を乗り切っていました。それらの産物といっしょに持ち帰った南国のリズムに当時、熊本を中心に唄われていた二上がり甚句で味付けをし、独特の節回しを持つ牛深ハイヤ節が生まれた。元禄の頃からこの天草島に生まれ育ち、島の津々浦々、港々の酒盛りや大漁祝いに唄われ300年の長い歴史を持つ郷土民謡で、江戸時代の末期には大阪から鹿児島を上り下りする九州西回りの帆前船、更には大阪から北海道を往復する北前船の船乗りさん達によって天草のハイヤ節が全国に広がった。 代表的なものとして徳島の「阿波踊り」や淡路島の「阿波踊り」があげられる。歌詞・リズム・踊りもそれぞれの土地で独自の発展を遂げた為、天草のものとは少し異なっている。

 

ハイヤの語源

天草地方は春先に南風「ハエ」の風が吹く。
それが「ハエヤ」となり、やがて訛って「ハイヤ」となったといわれている。歌詞の中には、船乗りさん達の身を案ずる女性達の思いや願いも込められているロマンに満ちた部分もあり、リズム・踊り・歌詞のどれも素晴らしく三拍子そろった郷土芸能である。

 

天草本渡のハイヤ祭り

昭和41年9月の天草五橋開通記念として、ハイヤの道中踊りを披露されたのが始まり。
昭和42年から毎年夏まつりの行事のひとつとして7月の下旬の土曜日と日曜日の2日間、銀天街を中心に行っていた。
平成10年には、実行委員会を立ち上げ、長年の夢として掲げてきた「国道でハイヤ踊りを」という大きな目標を達成し、国道324号線の市役所前から天草信用金庫まで踊るコースに変更した。
昭和40年~50年代の参加団体は30~40団体を数え、人数にして3,000人~4,000人で練り踊っていた。
最近は、旧本渡市内にとどまらず天草島内、熊本県内外から多くの方がこの本渡の祭りに訪れるようになった。
天草ほんどハイヤ祭りは、天草市の産業の振興、観光の開発及び周辺地域の交流と親善を図り、併せて市民総参加による一大行事として、毎年開催している。

rekishi05

 

新聞記事より抜粋

「天草架橋開通記念祝賀行事」(天草パールライン開通祝い)

▼昭和41年9月25日 午後7時半〜10時半過ぎまで
▼市、商工会議所の共催行事
▼天草で初めてのハイヤ祭りの道中踊り
▼横山市長、栁田市助役、各課長、市議会議員、原田商工会議所会頭、淀川・中村副会頭、渡辺観光協会長、荒木、西山、平井副会長をはじめ市職員、商工会議所役員、各商友会員と従業員等(約350人)
▼諏訪遊園地〜郵便局前〜中央通り〜浄南三差路〜南公園下〜中通り〜小松原四差路〜五間道路〜市役所前通り〜船之尾通り〜諏訪遊園地のコース

rekishi02

五大祝賀式典

 昭和41年11月に五大祝賀式典(市庁舎落成・市制10周年・天草五橋開通・国立公園編入10周年・大火復興)において、本渡市婦人会による天草ハイヤ節が披露された旨と写真掲載。(ほんど広報より)

rekishi03

本渡の「夏祭り」

▼昭和42年7月21日午後7時〜
▼市民あげての天草ハイヤ踊り
▼午後7時半出発、諏訪遊園地集合
▼横山市長、栁田市助役、黒川収入役、原田商工会議所会頭、中村副会頭、荒木専務ら主催側、市内20の商友会、一般市民 等(約800人)
▼本渡町通り〜五間道路〜南公園下〜東、西浜〜大門口〜小松原〜船之尾通り(約3時間)
出発順
市役所先導車―ヤレイどころのはやし(英容会)―藤蔭社中―市役所職員(課長男女を含め約60名)―放送車―本渡商工会議所婦人部―山口婦人会―放送車―本渡旅館組合―中央銀座通り―浄南・上南・中南の南三区―土手―古川―船之尾―浜津―東浜―西浜―放送車―大門口―小松原―主催側の会議所役職員一行
昭和42年7月22日午後7時から(2時間半)
前日とコースを変えて約1,000人の踊りの波が町を練った。

rekishi04

本渡の「夏祭り」

▼昭和43年7月21日午後7時半〜
▼南小校庭〜諏訪遊園地市、商工会議所、各商店街(約700名)
▼昭和43年7月22日 午後7時〜
▼南小校庭〜諏訪遊園地  前夜以上の参加者を加え、二班に分かれ、本渡南・北で市内せましと踊りまくった。 天草ハイヤ「広島公演」 (6日の原爆記念日の続きの祭り)
▼昭和43年8月8日
 市内旅館のメイドさん及び本渡市民謡保存会員など40名が6日午後10時貸切バスで本渡を出発。まず、広島の原爆病院を慰問し午後5時より広島夏祭りへ参加午後7時半より20分間。広島市民球場での広島夏祭り行事の一つとして、「天草ハイヤ踊り」が 出演。
▼観客2万人
 天草ハイヤ踊りが初めて関門海峡を渡り全国的な舞台での堂々公演とあって、その成果の程が大いに期待されると共に天草ハイヤ踊りが日本的な民謡に成長したことについて、島民の声援が送られた。
(天草新聞掲載記事より 昭和43年8月9日)